ミュゼ 生理

ミュゼは生理中でも施術が受けられるか ?

 

脱毛サロンを予約するときに
一番気がかりなのが生理ではないでしょうか?

 

女性なら当然のように毎月ありますが、
普段から不規則な人にとっては
生理ほど予定が立てられない面倒なことはないかもしれません。

 

予約はスムーズに取れても、
生理が遅れたり早まったりして当日重なってしまうこともあるでしょう。

 

ミュゼプラチナムが生理のときにどのような対応をしてくれるのか知っておけば、
直前になってあわてる心配はありません。

 

ここでは、生理のときのミュゼの対応についてご紹介しています。

 

生理中でも施術可能な場合や
ダメな場合についてまとめているので、参考にしてくださいね。

 

ミュゼプラチナムの脱毛は、
ショーツにかかる部分以外なら生理中でも受けられます。

 

つまり、VIOラインやおしりではない部分なら大丈夫なわけです。

 

脚の付け根もOKですし、
ワキなどは予定通り処理できます。

 

でも、注意しなければいけないのは、
生理中はホルモンのバランスの関係で通常よりも
お肌がデリケートになっていることです。

 

刺激に対して敏感になっているので、
いつもにも増して痛く感じたり、肌トラブルを引き起こしやすくなります。

 

ですから、本来ならば生理が来たときは
予約をキャンセルした方がベスト。

 

ミュゼプラチナムなら当日にキャンセルをしても別途料金がかからないので、
わざわざ無理をして行く必要もないのです。

 

普段からナプキンではなくてタンポンをしている人は、
タンポンをしていれば施術できるだろうと考えがちです。

 

生理だということがバレなければ、
いつも通りに脱毛してもらえるでしょうが、
ほとんどの場合は分かってしまいます。

 

生理中は経血の独特なニオイがありますし、
紐も出ていますし、経血が漏れてしまうこともあるでしょうからね。

 

もしかするとVラインはバレずに施術できるかも知れませんが、
IOラインは当然のように分かってしまいます。

 

生理中であることが分かった時点で、
ショーツにかかる部分の脱毛は中止になります。

 

スタッフにもよるようですが、その場でストップの場合が多いでしょう。

 

前述の通り生理中の肌はとてもデリケートになっていますので、
VIOラインやヒップの脱毛についても痛みを強く感じる可能性が大きいです。

 

生理の前後も肌トラブルを起こす可能性は大きいですが、
経血が出ていなければVIOラインの施術はできます。

 

本当にお肌のことを考えて施術するならば、
生理の前後1週間は脱毛の予約を入れないことをオススメします。

 

ただでさえミュゼは人気店で予約が取れないのに、
スケジュール調整をするのは難しいかも知れませんが、
トラブルが起きてからでは遅いので、良く考えて予約を入れた方が良いですよ。

 

ミュゼで施術するときには、
専用のキャミソールかスナップつきのガウンに着替えます。

 

その下にTバック型の紙ショーツを着けます。

 

でも、生理の場合には、キャミソールかスナップつきのガウンだけです。

 

ショーツは自分のもので脱毛することになります。

 

膝から上の脱毛に関しては、
ガウンをたくし上げてフラッシュをあてることも可能ですが、
ショーツにジェルが付着するのを避けたいときには、
膝上の施術はしない方が良いでしょう。

 

脱毛は何回も通わなければいけないので、
一度も生理と重ならないというのは珍しいことでしょう。う

 

まく予定を立てて、ストレスなく施術できるようにすると良いですね。

 

ミュゼ 静岡のページはこちらです。